ホームスポンサー広告経営>福島第一原発視察報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発視察報告

2016.11.02 Wed

10月21日、千葉商工会議所工業部会主催の研修で、参加者13名と共同通信社の記者の方々と、福島第一原発に視察に行ってきました。

予習として、福島第一原発で作業員として働き、その様子を漫画で描いた「いちえふ」を読んでいきました。
「いちえふ」とは、地元の人や現場作業員が使っている第一原発の呼び名です。
漫画でも「いちえふ」に向かう最初の場所として描かれている「Jヴィレッジ」に最初に行き、そこで30分ほどレクチャーを受けてから出発します。
万が一汚染されてしまうと、原発の外に持ち出せなくなるということで、貴重品や時計、アクセサリー、カメラや携帯電話は、Jヴィレッジに置いていき、持ち込んでいいのは、メモ用紙やペンくらいで、身一つで入ります。
防護服や防毒マスクはもうしなくていいとのことで、普通のマスクもなしでバスに乗りました。
Jヴィレッジ1
Jヴィレッジ2
Jヴィレッジ3

バスの中で、案内の東電の方が線量計を持っていましたが、私が持っているものとは桁が違い、放射線量の高いところを測るものでした。
持参した線量計は0.3マイクロシーベルトで警告音が鳴るもので、自宅の雨どいの所などは0.25マイクロシーベルトくらいあったのを思い出しました。
しかし、今回はバスの中でもすでに2マイクロシーベルトくらいあり、ドキドキしていたのですが、原発に入る前の国道6号の交差点で、8マイクロシーベルトということで、原発内はどうなることかとまたまたドキドキしました。
原発の中は当然ですが、いたるところに線量計があり、それが太陽光パネルで動いているという、発電出来なくなった発電所の電気に自然エネルギーが使われているなんて…
原発の入退管理棟のある付近は、1マイクロシーベルトくらいで、短時間でなんとなく数字に慣れてきました。作業員の人たちも、そのくらいの線量ではマスクを付けているだけの軽装備です。

いよいよ中へ、本人確認、金属探知機を通り、IDカードとパスワードを入れてゲートがあき、個人の線量計が渡されます。
装備は靴カバーと手袋のみ。
見学用のバスに乗り込み、まずは一号機から四号機まで見渡せる高台に行きました。原発内は「ふれあい通り」とか「大熊通り」とか名前が付いている道があり、信号機もあります。消防署や救命救急センターもあるし、おまわりさんもたくさんいます。
今年から、7000人くらい働いている作業員の人たちが利用できるように、5階建ての食堂やシャワールームがある施設が出来上がり、ローソンも入っているそうです。
原発内の最初の印象は、そこが1つの街のように見えること。作業員の人を乗せてくる大型バスが何台も止まっているため、言葉はおかしいかもしれないですが、テーマパークのようで、まるで「東京電力ランド」
汚染されてしまい、原発の外に出せなくなった車はナンバープレートをはずして、構内専用として使われています。そのための整備工場やガソリンスタンドもありました。
原発内で完結しなければならないため、いろいろなものが揃っているなという印象でしたが、ここまでくるには大変な道のりだったことはよく分かりました。

見学のメインは、爆発を起こした三号機の真下。
外の線量計は、200マイクロシーベルト。バスの中でも少し低いくらいですが、それでも外で作業している作業員たちがいました。
今まだ残る瓦礫を除去して、建屋の中に残っている使用済み核燃料を取り出すための土台を作っているところでした。
一号機から四号機までを数分間で通り過ぎ、外部電源を失わなかった五号機と六号機を見て、約一時間の見学コースは終了しました。

廃炉に向けて、40年から50年かかると言われています。
日本の名だたる企業約40社が世界初の廃炉に取り組んでいました。
危険な作業を伴う廃炉にかかる費用負担は、消費地の消費者である私達にも責任があるかもしれないと考えさせられた見学となりました。
組田香織

コメント:

コメント:投稿

Private

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。