ホーム>2016年09月 TotalPages2 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東資源回収組合連合会青年部千葉県大会に出席

2016.09.28 Wed

今月、大会の特別記念講演として、スズトクホールディングス株式会社相談役の伊藤清氏をお呼びして、「業に生きる」と題して、経営者としての心構えについてお話しを聞く機会がありました。

スズトクホールディングスは、創業112年で、様々な会社をグループに持つ日本でも有数のリサイクルメジャー企業です。
千葉市にもスズトクホールディングス傘下の中田屋さんがあります。
その中田屋に入社し、工場長になり、取締役から社長になり、その後グループ全体の社長になった伊藤さんの、徹底して業に生きた半生からくる言葉は、とても響くものがありました。

「信頼される経営」
信頼されるには、相手を信頼することから始める。

「現場の経営」
利益は現場の働きで、稼ぎ高が左右される。
判断基準は、現場最優先で行う。

「透明な経営」
誰にも恥じない行動が企業ブランドを決定する。
企業ブランドとは、社長の人間力である。
その結果が、儲けを実現させてくれて、社員一同で心栄えのする会社になっていく。

経営者にとって一番大事なことは、「現場の汗の匂いのありがたさ」を感じることだ。

現場を大切にしてきた伊藤さんの語録が講演の資料として配付され、今一度じっくり読みたいと思っています。
関資連1

関資連2

関資連3
組田香織
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。