ホーム>2016年04月 TotalPages2 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

②ナチス政権時に作られた防空壕を「エネルギー壕」に

2016.04.22 Fri

最初の訪問場所は、ハンブルク市が運営する第三セクター「ハンブルクエネルギー社エネルギー壕」
ここはもともと、第二次世界大戦時にユダヤ人の強制労働で作られた元防空壕。「壕」は、ドイツ語で「バンカー」と言います。
現在は市が所有する歴史的建造物に指定されています。
その内部を改装して、電力と熱を同時供給する「コジェネ」というパイロットプロジェクトを行っています。
コンクリートで作られた頑丈な建物の屋根には太陽熱パネル、壁には太陽光パネルがそれぞれ設置されています。
温水で熱エネルギーを蓄積することで、不安定な太陽光エネルギーとの調整を図っています。
近くのグリセリン工場とパイプラインで結び、工場から出る廃熱で温水を作り、エネルギー壕の中の巨大なタンクに貯め、それでタービンを回して発電したり、パイプラインで各家庭と結んで暖房やお湯として使っていました。
現在、地域5万5千人分の電気をまかなっています。

それともうひとつ、市の廃棄物処理場をエネルギー工場にして、風力や太陽光などをミックスした再生可能エネルギー生産のプロジェクトも行っています。
2050年までに、地熱発電と合わせて、市内全戸の電力供給をエネルギー壕とエネルギー工場の二つで賄いたいと言っていました。
ハンブルク市が運営する第三セクター「ハンブルクエネルギー社エネルギー壕」
ここはもともと、第二次世界大戦時にユダヤ人の強制労働で作られた元防空壕。「壕」は、ドイツ語で「バンカー」と言います。
現在は市が所有する歴史的建造物に指定されています。
その内部を改装して、電力と熱を同時供給する「コジェネ」というパイロットプロジェクトを行っています。
コンクリートで作られた頑丈な建物の屋根には太陽熱パネル、壁には太陽光パネルがそれぞれ設置されています。
温水で熱エネルギーを蓄積することで、不安定な太陽光エネルギーとの調整を図っています。
近くのグリセリン工場とパイプラインで結び、工場から出る廃熱で温水を作り、エネルギー壕の中の巨大なタンクに貯め、それでタービンを回して発電したり、パイプラインで各家庭と結んで暖房やお湯として使っていました。
現在、地域5万5千人分の電気をまかなっています。

それともうひとつ、市の廃棄物処理場をエネルギー工場にして、風力や太陽光などをミックスした再生可能エネルギー生産のプロジェクトも行っています。
2050年までに、地熱発電と合わせて、市内全戸の電力供給をエネルギー壕とエネルギー工場の二つで賄いたいと言っていました。
ハンブルク市が運営する第三セクター「ハンブルクエネルギー社エネルギー壕」
ここはもともと、第二次世界大戦時にユダヤ人の強制労働で作られた元防空壕。「壕」は、ドイツ語で「バンカー」と言います。
現在は市が所有する歴史的建造物に指定されています。
その内部を改装して、電力と熱を同時供給する「コジェネ」というパイロットプロジェクトを行っています。
コンクリートで作られた頑丈な建物の屋根には太陽熱パネル、壁には太陽光パネルがそれぞれ設置されています。
温水で熱エネルギーを蓄積することで、不安定な太陽光エネルギーとの調整を図っています。
近くのグリセリン工場とパイプラインで結び、工場から出る廃熱で温水を作り、エネルギー壕の中の巨大なタンクに貯め、それでタービンを回して発電したり、パイプラインで各家庭と結んで暖房やお湯として使っていました。
現在、地域5万5千人分の電気をまかなっています。

それともうひとつ、市の廃棄物処理場をエネルギー工場にして、風力や太陽光などをミックスした再生可能エネルギー生産のプロジェクトも行っています。
2050年までに、地熱発電と合わせて、市内全戸の電力供給をエネルギー壕とエネルギー工場の二つで賄いたいと言っていました。

組田 香織
energy bunker1
energy bunker2
energy bunker3
energy bunker4



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。