ホーム>2016年01月 TotalPages2 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「経営者の役割と責任」とは?

2016.01.29 Fri

第2講より
㈲英製作所代表取締役の高橋氏から、「経営者の役割と責任」について報告がありました。
まずは、社員の生活の維持、安定。
社員の人生設計の中にその会社があるか。
会社へ対しての安心感、信頼感があるか。
経営者の役割は、売上と利益の確保がまず第一。
次に、昇給や昇進といった社員の処遇改善。
そして、将来展望と設備投資。または会社を存続させるための減量経営。
「物わかりがいい経営者」が「良い経営者」ではない。
正しい労使関係の樹立のために、この仕事が何の目的があるか全員で認識し、社員が「認めてもらえた」という「やりがい」を感じることができる労働環境づくりが大切になる。
経営理念は、会社のプラスになるだけでなく、社員のプラスにもなるような理念を作らなければならない。

その後のグループ討論では、「経営者の責任」に対するたくさんのキーワードが出てきました。
「覚悟」「方向性」「情熱」「会社の維持・発展」「公私のけじめ」「適材適所の人材登用」「危機管理能力」「旗振り役」などなど。
その中でも「会社の維持・発展」が「経営者の責任」であるという意見が多かったです。
「維持・発展」のためには、高橋氏の報告にあった「売上と利益の確保」「社員の処遇改善」「将来展望と設備投資」「会社存続のための減量経営」がやはり重要になります。
そこに至るためには、「正しい労使関係の樹立」が大変重要になることがわかりました。

組田香織

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。