FC2ブログ
ホーム>2014年09月 TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横川電機株式会社 箕輪優子さんのお話を聞いて 

2014.09.03 Wed

8月18日、横河電機株式会社CSR部の箕輪優子さんのお話を聞いてきました。
東京都武蔵野市に本社のある横川電機は、1915年創業、関係会社国内16社、海外71社、従業員数2万人弱の会社です。
その企業理念は、
「YOKOGAWAは計測と制御と情報をテーマに、より豊かな人間社会の実現に貢献する」
「YOKOGAWA人は良き市民であり、勇気をもった開拓者であれ」
人事運営の基本的な考え方は、性善説にたち、真の平等を目指す。長所を引き出すということ。

1991年、従業員数が2万人弱の会社でも、障害者雇用となると、雇用率は0.98%しかありませんでした。
翌年、当時の法定雇用率1.6%を達成するために「ノーマライゼーションプロジェクト」を発足します。
1992年、25名の障害者を雇用しました。
その後、障害者雇用の強化のための第2ステップとして、1998年、特例子会社「横川ファウンドリー株式会社」を設立します。現在25名の障害をおもった従業員が働いています。そのうち8名が重度障害者です。
横川ファウンドリーは、親会社の事務全般と、資源リサイクル回収や機器の解体、廃棄物の受付、地域の保育所の清掃や、お弁当やパンの販売も行っています。
求める人財像は、「仕事をする上での「障害」はない。得意なこと、障害特性を生かす。」ことを徹底しています。
普段、困っている障害が「強み」になる仕事を提供して、社員教育しているところがすごく新鮮でした。
自閉症や発達障害を持つ従業員は、細部へのこだわりが強みとなり、パソコンのデータ入力などは、健常者の従業員よりも早く、100%近くミスがないので、多くの仕事ができることでコスト面でもよくなったとのことでした。
周囲の人が「ここまでしかできないだろう」と決めつけ、「代わりにしてあげる」ことが、いかに自立を阻害しているか、成長の機会を奪っているか、バリアを作っているのは周囲の人たちだということを実感させられました。

障害があってもなくても、コミュニケーションのバリアは多くの場面で存在します。
相手に気持ちよく理解してもらうために、「伝え方」がとても重要になります。
否定的な表現よりも肯定的な表現の方が、より気持ちよく受け入れてもらえるのは、誰しもがそう感じると思います。
でもなかなか実践するのは難しく、より近い関係ならなおさらです。
攻撃的で否定的な言葉よりも、自分も相手もOKというアサーティブな表現を意識していこうと思います。

kumita 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。