FC2ブログ
ホーム>2014年08月04日 TotalPages1

「学び」その②「組織を10倍活性化させるには」 ㈲マリブエンタープロジェクト 代表取締役 山村潤一氏のお話を聞いて 

2014.08.04 Mon

中小企業家同友会葉西支部の例会に100人近い経営者が集まり、ユニークな経歴とその攻めの経営についてのお話を聞きました。
山村さんは、子どもの頃からの夢で「社長になりたい!」と、100万円を貯めて19歳で起業します。20歳で4t車1台から運送屋さんを開業します。21歳で3台に増車します。同時にキャバクラをスタートし、20代で毎年のように開業し、34歳までなんと9店舗に!
また同時進行で、28歳で発電所や工場のメンテナンスを行うプラント工事業㈲マリブエンタープロジェクトを設立。
「毎年5人ずつ従業員を増やす」との公約通り、1期目から5人ずつ従業員を増やしていきました。6期目から7期目に入ったときに、15人増やしたら、「忙しいのは自分だけに・・・」
その後、売上をセーブし、「頑張りすぎない。急激な拡大をしない。」システム経営を目指しているということです。
でも、右肩上がりの成長は続いています。
社長が実現したいことをあえて発言することで、自分自身にプレッシャーをかけ、本当に実現しています。
今後も実現したいことは、
①毎年従業員を5人以上増やす
②自社工場建設
③建設業界でのフランチャイズ方式
④47都道府県全てに関連施設設立
あえて人が驚くことをすることで、他社と差別化し、ファンを増やすことになります。他社より頭3つ分飛び抜けていると思わせるために、通常、頭1つでしかないところを「演出効果」で、さらに頭2つ追加する。
「演出」というと映画やテレビのようなイメージがありますが、ごく日常の生活や仕事で使うと、絶大な効果があるそうです。普段の生活で演出している人がほとんどいないからだそうです。
山村社長の「プラス思考」と「演出効果」
またまたファンが増えるのもうなづけると感じました。

kumita
スポンサーサイト