FC2ブログ
ホーム>2014年07月16日 TotalPages1

すべてはお客様の笑顔のために

2014.07.16 Wed

同友会千葉西支部7月例会 経営戦略(サービス編)
報告者 ㈲ベルフーズ 代表取締役 清水光代さん 
「すべてはお客様の笑顔のために」

7月8日、青果物の輸出入や通信販売、卸売業を専門としている㈲ベルフーズの清水さんのお話を聞いてきました。
まずは清水さんの経歴が驚きで、もともとは経理のパート事務員からのスタートだったということでした。
「ベルフレッシュ」というカット野菜工場の時給800円の経理事務員から、入社2ヶ月目に「社員にしてもらえますか」と会社に交渉。
貿易事業部立ち上げにあたり、経理と兼務で社員になり、お給料の値上げ交渉にも成功します。
その後、社内ベンチャーで貿易部門の部長になります。
その時、通販会社から「5月のマンゴーがあったらいいな」という話を持ちかけられ、お客様の願いをかなえるために仕事をしていきます。
「マンゴー姉さん」と呼ばれる清水さんの快進撃がスタートします。
間借り部署だった貿易事業部は、隣の会社が撤退したのを機に、新会社「ベルフーズ」を設立し、社長になります。
主力商品「台湾産アップルマンゴー」など珍しいフルーツを中心に、他社では手に入らない商品で差別化をしています。
商品がお客様のところに届くスピードが、大手スーパーや百貨店とは大きな違いです。前日台湾で収穫したマンゴーが、朝6時半ののエア便で成田に10時半に到着。
通関後、ベルフーズの検品を経て、次の日にはお客様へお届けできるという早さです。木で熟したフルーツが常温で届き、追熟させて一番おいしい状態でいただけるというシステムを構築しました。
それが「すべてはお客様のおいしい!という笑顔のために」だそうです。
その日、アップルマンゴーを格安で販売していただき、家に帰ってから食べました。
初めて食べるアップルマンゴーは、この季節限定のおいしさで、お中元などにもらったらうれしいなと思いました。
台湾産アップルマンゴー1
台湾産アップルマンゴー2
kumita
スポンサーサイト