ホーム>2014年03月 TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉市立高等特別支援学校 企業向け学校公開へ参加しました

2014.03.12 Wed

3月6日、千葉市立高等特別支援学校の企業向け学校公開に参加してきました。
市立高等特別支援学校は、平成25年4月に、閉校した真砂第二小学校の施設を活用して開校しました。
1年生32名と教職員29名の新しい学校です。
千葉県では、平成9年4月に県内初の高等特別支援学校として「流山高等学園」が開校し、企業就労を望む生徒への職業自立を目指すカリキュラムをスタートさせました。
現在、千葉県では8校が設置され、職業コースを設けています。
入学は自力通学が条件、選抜のための入学試験(作業能力検査・運動能力検査・学力検査・面接)が実施されています。
4月からの入学に向けて、中学校3年生が普通高校と同じように受験をして選抜されます。

この日の学校公開には、23社35名の企業の方たちが出席し、授業の様子を参観しました。
校庭には、美浜区では最大というくらいの広さの畑があり、生徒たちがねぎの収穫をしたり、ブルーベリーの苗木を植えたりしていました。
市立高等特別支援学校の畑

校内では、清掃班がビル清掃作業の練習に、自分たちの教室を順番にきれいにしていく作業をしており、床を磨く機械や窓拭きの器具をとても上手に使っていました。
生徒たちが上達してきて、近隣の学校や施設から清掃依頼がきたりと、とても喜ばれているそうです。
縫製織物班では、美浜区役所や保健センターでのバザーに向けての作品作りが行われていました。
ミシンや織り器を使った縫製は、とても丁寧で上手に仕上がっていました。

参観後、参加した企業に対して学校と千葉市教育委員会から、「応援企業登録証」が授与されました。
生徒たちの企業実習や就労に向けての支援を学校と共にやっていくものです。
登録証
生徒たちが職場見学をしたり、実際の現場を体験したりできるよう応援していきたいと思っています。

kumita
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。