FC2ブログ
ホーム>2012年02月13日 TotalPages1

千葉県教育CSRフォーラムに参加して・・・

2012.02.13 Mon


こんにちは。近頃、また寒くなってきましたね。
もう2月の中旬になるのに・・・
まだまだ春は遠いのでしょうか?笑

先月1月30日に「千葉県教育CSRフォーラム」に参加してまいりました。
千葉県が実施している「夢チャレンジ体験スクール」で、
中高生の受入をおこなった企業の事例発表があったり、
総括講演として酒井智行氏による、
「社会総掛かりで創る子供たちの未来~キャリア教育が必要とされる背景とキャリア教育を行う意識~」
という演題のもと講演が行われました。どのお話も興味深いものでした。

特に酒井智行氏の講演の‘日本の教育の本当の危機’についてのお話は印象に残りました。
学びに対する興味・関心が低いことや将来との関連性の見えないままでの学び、
受験終了後に剥落する「知」の危険性、これが今の日本の教育の危機であるとお話されていました。

特に話を聞いていて納得したのが‘将来との関連性の見えないままでの学び’という点です。
自分自身も学生の時、勉強しているものが、いつ・どんなときに役立つのか、
わからないまま勉強をしていました。特に考えようとしていなかったというのもあります。
ただ先生に言われたことをやるだけで、それで満足していました。
でも、今振り返ってみると、これって意味のないことをやっていたのかなと思います。
やっぱり、将来役に立つような勉強がしたいと思うし、
そうすれば、勉強に対する意識も高まる気がします。


今働き始めてみて、やっぱり学生だった頃に考えていた働くということと
実際に働き始めてみての職業観は違うなと思いました。
学生だった頃は、働くと言うことに対し、少し安易な考えを持っていたと思います。
変な話、言われたことをせっせとやればいいんじゃないかと思っていました。
でも実際に働き始めてみて、自分の考えってまだまだ甘いなと感じました。
言われたことに対し一生懸命やることは当たり前で、
その先どうするかは自分次第なんだと思いました。
何をするにも自分で考え、自分で行動する、
これは大事だなと、今このブログを書きながら気づけたし、反省する部分です(笑)


今回、教育CSRフォーラムに参加してみて、
普段はなかなか考えることのない、今の日本の教育というものに、
触れることができてとてもいい機会になりました。
また、改めて‘働く’ということを考え直せることが出来ました。
良かったです(笑)

saki



スポンサーサイト