ホーム>運送(カテゴリ) TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害時の緊急物資輸送

2012.03.12 Mon

先週、全日本トラック協会主催の物流セミナーに参加してきました。
共進も千葉県トラック協会の会員事業者として登録をしています。
昨年の東日本大震災において、トラック協会の会員事業者の被害状況は、

宮城県 死者126名 行方不明者59名 車両被害3,801台 建物被害742棟 被災事業者593社
岩手県 死者30名  行方不明者11名 車両被害479台   建物被害88棟 被災事業者171社
福島県 死者12名  行方不明者2名  車両被害196台  建物被害163棟 被災事業者384社
 (福島原発の事故被害は除く)
青森県 死者1名  行方不明者1名 車両被害300台 建物被害24棟 被災事業者104社
北海道 死者0名  行方不明者0名 車両被害555台 建物被害36棟 被災事業者61社

津波被害にあった車両がほとんどで、港湾、空港など、物流基地があるところでとまっていた多くの車両が被害にあいました。
被災地の物流が麻痺する中、全国から支援物資が届けられていましたが、現地まで運ぶトラックや、各避難所まで運ぶトラック、道路状況などいろいろな面で機動力を発揮するオペレーションが必要でした。
そこで、全国のトラック協会が協力して、物流のプロである会員事業者に呼びかけ、大量の物資を効率よく、必要なところへ届けるオペレーションシステムを作り上げました。
地域の公共施設を物流拠点にして、大型トラックで大量の支援物資を一度に運び、仕分けをして、2トントラックなどの小型トラックで各避難所へ届ける。
全国のトラック運送事業者が得意分野を分担して、輸送手配にかかわる帳票類のフォーマットの統一化と、政府緊急災害対策本部と物資発注関係省庁および国交省との連携を行い、発注を受けてから手配するまでに無駄な作業と時間をかけないようにしたそうです。
メディアにはあまり報道されなかった物流のプロたちによる連携が、全国から送られた緊急物資輸送を支えました。

次回は、特別講演された武田邦彦先生の講演をご報告します。

kumita
スポンサーサイト

紙回収。

2012.02.02 Thu


皆さん、こんにちは!
昨日から2月に入りましたね。
新年始まって、もう一ヶ月が過ぎました。
一ヶ月過ぎるの早いです!!

さて、先日1月31日にとある県内の高校の紙回収を行いました。
2月から家庭学習期間に入る高校3年生を対象に、
卒業したら使わなくなるであろう教科書・ノートなどの紙類を回収しました。
今回は生徒さんがたくさんいらっしゃるということで、スタッフが積み上げるのではなく、
実際に生徒さんにトラックに紙類を入れていただくというかたちをとりました。

高校紙回収1

高校紙回収2

高校紙回収3

高校紙回収5


このようなやり方をすることで、スムーズに積み上げが出来ますし、
スタッフのみでやるよりもかなり時間が短縮できると思います。


生徒さんの教科書以外にも、学校で出た段ボール等の回収もしました。

高校紙回収4


今回どれくらいの量が出るのか全く予想できなかったのですが、
私が思っていたよりも多く、少し驚きました(笑)

学校の先生にお話をお伺いしたところ、
「自分たちが出したものが、リサイクルされるなんて嬉しいな~。」
とおっしゃっていました。
普通に処分するよりも、自分がだしたものがリサイクルされると考えると
なんだか嬉しくなりますよね。
この言葉を聞いて、なんだか私も嬉しくなりました(笑)


私も当日一緒に同行して、お手伝いさせていただいたんですが、
高校時代にこういう回収があればよかったな~
と思いながら、手伝っていました(笑)


またこのような機会があればいいなと思います。

運行管理者資格試験に合格しました

2011.10.28 Fri

8月の末に受けた運行管理者試験。
1ヵ月後、合格通知が来て、今月資格者証を受け取ることができました。

運行管理者は、事業用自動車を持っている事業所で、車両台数ごとに人数が決まっています。
当社の事業用トラックは11台。
運行管理者を1人選任して、運輸局に届出をしなければなりません。
会社として正社員には試験を受けてもらい、資格を取ってもらうことを薦めています。
事業者が運行管理者には原則としてはなれないのですが、運行管理者資格を持っている社員がいなくなったときの保険として、私も資格を取ることにしたのです。

現場での実務経験がほとんどないので、3日間の事前講習を受けました。(最終日に試験あり)
その講習の修了証が受験資格になります。
試験の内容は、関係法令から道路交通法、労働基準法など多岐に渡っています。
今年の3月に行われた試験の合格率は3割程度だったということで、試験の約1ヶ月前から猛勉強。
勉強は大変でしたが、事業者と運行管理者の業務の違いなどもよくわかり、当然のことながら日々の業務に役立つことばかりでした。

試験前日と当日、こんなことを知っているのは「トラックおたく」か試験を作った人しかいないのではないかというくらい、答えの理由がわからない過去問題をやりました。
夫に「どうしてこの答えになるかわかる?」と聞いても、「自動車学校で習ったのかも・・・」というくらいの、もう覚えるしかないという問題が、なんと当日の試験問題に出たのです!

以下、その問題です。
問 道路交通法に定める合図に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
1、車両(自転車以外の軽車両を除く)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為を終わらせるまで当該合図を継続しなければならない。

2、車両(自転車以外の軽車両を除く)の運転者が左折または右折するときの合図を行う時期は、その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあっては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したときである。

3、車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

4、車両(自転車以外の軽車両を除く)の運転者が同一方向に進行しながら進路を左方又は右方に変えるときの合図を行う時期は、その行為をしようとする地点から30メートル手前の地点に達したときである。

さて、どれも正解のような気がしませんか。
まちがっているのは、4番です。
30メートル手前ではなく、「3秒前」なのだそうです。
道路交通法でそこまで決まっているとは・・・
「トラックおたく」なくらいいろいろなことを理解しなければならないのが「運行管理者」

事業者の右腕として、車両や運転手や配車のことをしっかり管理する仕事です。
当社の運行管理者資格を持っている人は私を含め5人になりました。

kumita
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。